夏コミ新刊は「上海摩登 SHANGHAI MODERN」上海近代建築の写真集です

表紙はこんな感じです。

印刷所に入稿しました。後は本が届くのを待つだけです。
ということで、おそらく無事新刊をもって夏コミに参戦できそうです。
よかった、よかった。

新刊は、上海の主に1930年代に建てられたモダンな建築物をいっぱい撮ってきた写真集です。以下、本の紹介文です。

上海といえば、多くの人が例のテレビ塔と超高層ビル群の立ち並ぶ風景を思い出すことでしょう。しかし、立派な超高層ビル以上に魅力的な景観が上海にはあるのです。それが上海のレトロ建築群です。それも市中に数百棟に及ぶレベルで存在します。街を歩いていれば1890年代から1930年代までの建物がそこかしこに点在しています。いや「点在」というレベルではなく「遍在」というレベルです。本書は、そんな上海のレトロ建築を集めた写真集です。

本の中身はこんな感じ。

今回の本のあとがきにも書いたんですが、僕は上海がこんなにレトロ建築があることを全く知りませんでした。昨年末、ふらっと訪問した上海でえらく衝撃を受けまして、その時のパッションだけで、今回の本を作りました。

実際は、今年3月に改めて訪問して、じっくり写真を撮り、今回の本にしました。しかし、2回程度の訪問では、まだまだ足りないです。おそらく、秋から冬にかけて、また行くかもしれないです。それくらい惚れてしまいました。

また、僕の中に20年間ほどひっそり隠れていた「中国熱」が、ここにきて急に高まってしまい、今度は大連や瀋陽にも行きたくなってます。僕は20歳のころ、バックパックを背負って、大連、瀋陽、北京と旅した経験があるんですよ。満洲に関する歴史や文化に関心があって、長春(新京)やハルピンにいつかは行きたいと思っていたんです。第2外国語は中国語でしたし。その頃の熱がまた高まってきてます。

そんなわけで、上海は面白いので、ぜひとも皆さんにご覧いただきたいです。日中関係はちょいと微妙な時期ではありますが(というか、だからこそ)上海の魅力を知ってほしいと思ってます。みんなで写真撮りに行こうぜ!

今回の本は、B5ヨコ判、フルカラー32ページ、価格は500円です。
その他、既刊本の「繪はがき寫眞旅」(2014年12月刊行)「繪はがき寫眞旅2」(2015年12月刊行)も用意しております。

ということで、告知です。
12日(土)は、以下の場所にてお待ちしております!

コミックマーケット92
東京ビックサイト(有明)東5ホール
2017年8月12日(土)2日目
西地区 ”へ” ブロック 44b

暑いけど頑張ろう!

フォローお待ちしています

フォローする

スポンサーリンク
sangyoisan_HPトップ336×280
sangyoisan_HPトップ336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする