【探訪記】奔別炭鉱 2/2

旧住友奔別炭鉱立坑・北海道三笠市

立坑ケージ入り口付近の装置類

立坑ケージ入り口付近の装置類

1/2に戻る

冒頭の写真は立坑ケージ入り口付近の装置類

立坑ケージ入り口の裏側3

立坑ケージ入り口の裏側3

爆発の影響で足元もコンクリートは崩れかかっています。これ以上近づくことはできません。

人間との大きさ比較。小さく写っているのが我が弟

人間との大きさ比較。小さく写っているのが我が弟

選炭施設

選炭施設

採掘された石炭は、ここで貨車に乗せられて運ばれたようです。今は倉庫になっています。

選炭施設の内部

選炭施設の内部

足元にはレールがあり、天井にもこのような一本のレールがえんえんと続いています。

立坑を後ろから見たところ

立坑を後ろから見たところ

撮影を一通り終えて、玄関口に戻ってくると、さきほど見学許可を下さったおじさんがいて、いろいろと当時のお話を伺うことができました。やはり、日本一の立坑であったことが、地元の誇りだったようです。(終)

初めての訪問はもう10年以上前になります。当時は産業遺産への認知が始まった頃で、まだ見学者がどんどん押し寄せたりすることはありませんでした。そのためか、平日の業務中だったにも関わらず、旧な訪問でも見学の許可を頂けたものと思われます。今ではもうダメでしょうね。

奔別の立坑には、2009年冬にも再度訪問しています。またじっくり訪問したいところです。

フォローお待ちしています

フォローする

スポンサーリンク
sangyoisan_HPトップ336×280
sangyoisan_HPトップ336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする