ロスト・イン・トランジション Lost in Transition

Lost_0

2007年から2008年にかけて、個人的な理由で本が作れなかったことと、コミケに続けて落選してしまったことによって、2年もの間、新作を作れない状態に陥ってしまいました。そこでどうしても本が作りたくなってしまって、2009年春の「COMIC☆1」で出したのが本書です。初の単独作品です。

「ロスト・イン・トランジション」とは「移り行く時の流れの中で失われたもの」を意味します。人々に忘れられたもの、捨て去られたもの、そしていつしか消え去っていくもの、そんなものをもう一度拾い直してみていきたいという思いが、僕の中には常にあります。そんな思いを込めたタイトルです。

本書は、九州、東北、北海道の3つパートに分かれていて、それぞれのパートで自分がこれまで訪問した廃墟とその時の印象を簡単につづっています。

Lost_1 Lost_2

写真掲載:松尾鉱山(岩手県)、国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁(北海道)、幌内炭鉱(北海道)、三井砂川炭鉱(北海道)
本編の撮影地:霧島高原ユースホステル跡D56 99(鹿児島県)、三井三池炭鉱万田坑(熊本県)、旧日本海軍・針尾送信所(長崎県)、志免炭鉱(福岡県)、日本特殊鋼管・むつ工場(青森県)、田老鉱山(岩手県)、羽幌炭砿(北海道)、奔別炭鉱(北海道)

ロスト・イン・トランジション Lost in Transition
2009年4月26日刊行
価格:500円 B5判・16ページオールカラー
在庫なし

フォローお待ちしています

フォローする

スポンサーリンク
sangyoisan_HPトップ336×280
sangyoisan_HPトップ336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする